花粉の時季のケア ~スキンケア編②~

こんにちは。

今日は先日の続き、花粉の時季のスキンケア、
スペシャルケアをご紹介しますね。

この時季は花粉や昼夜の気温差など、お肌にとって過酷な季節。
とくにアレルギーが起こっている肌は
バリア機能が弱まっていますので乾燥しやすい状態。
乾燥すると、さらにかさついたりゴワついたり、赤みを持ったり、
色々なトラブルが悪化してしまうんです。
前回も書きましたが、とにかく今は保湿が大事です。

そして、プラスケアとして大活躍するのがオイル。
ゆらいだ肌のバリア機能を助けるのに重要なのが実は油分なんです。
肌にやさしいタイプの良質な美容オイルであることがマスト。
(ただし、ニキビがある時は油分がニキビを治りにくくしてしまうので
使わないでくださいね。)

オイルを使ったスペシャルケアは・・・
夜クレンジングの後、オイルを顔全体に塗って蒸しタオルで蒸します。
蒸しタオルは肌がふっくら柔らかくなるまで数回繰り返します。
肌荒れがひどいときは蒸しタオルがオススメですが、
面倒だったら湯船に浸かっている時にパックするだけでもOKです。
肌が柔らかくなってきたら、洗い流し、スキンケア。

このとき化粧水はたっぷりと。
ゴワついた肌はなかなかオイルや化粧水を受け付けてくれないのですが、
蒸した後はなんとも浸透力が高い!
わたしは2度目の化粧水にさらにオイルを少量足して一緒になじませています。
その後、少しオイルがなじんできたところで乳液かクリームでフタをします。
乳液やクリームはいらないわ、なんて侮ってはいけませんっ。
オイルだけでは浸透してしまい、翌朝かえって乾燥した!?
なんてことになりかねませんっ。

あと、ちなみに、
朝オイルを使うと油焼けの心配もあるので、
オイルは夜のケアで使ってみてくださいね。

この時季、サロンでもオススメしているのはやはりこの2品。

フクビスイ
http://www.e-cocoma.com/products/detail.php?product_id=488
マルチオイル
http://www.e-cocoma.com/products/detail.php?product_id=3

先日、花粉でひどくグシュグシュだった時に
COCOMAサロンにお客様がいらして、
申し訳ない気持ちで接客させていただいたのですが、
こんな時でもお肌を褒めていただけるのは、
まさにこのケアのおかげだと思います。

ツヤのあるやわらかな肌に導いてくれますよ。
ぜひお試しください♪



Comments are closed.