お正月後のゆるボディをリセット

こんにちは。
お正月モードが終わると急に気になりだすのが、ボディライン。
今日はそんなゆるんだボディをリセットする簡単ドリンクをご紹介♪

それはこちら!
健康美人フォーラムの青汁

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 青汁-1024x1024.jpg

これをただ飲むだけです。簡単です!
青汁にはビタミンA・C・Eやミネラルが豊富に含まれ、抗酸化作用や塩分を排出して血圧を抑えるという働きが期待できます。
野菜不足解消にもちろんよいのですが!!
ただ飲むだけではもったいない。
実は飲み方やタイミングにもコツがあるんです。
せっかく飲むなら最大の効果引き出したいですよね!
ぜひ試してみてください♪


●おせち食べ過ぎには…集中飲み
おせちはヘルシーかと思いきや意外と糖質が多い料理。特に、栗きんとんやだて巻き、黒豆など砂糖をたっぷり使っています。
この青汁の大麦若葉に含まれるビタミンB1は食事から摂った糖質をエネルギーに変える栄養素。糖質をエネルギーに変える力が低下すると、疲労物質である乳酸が溜まりやすくなり、疲労を感じてしまうそう。
疲労感がある人は糖質過多状態かも!?
すっきり感が感じられるまで 、集中して毎日青汁を1包ずつ飲みましょう。

●便秘には朝、がんこちゃんには夜と朝
便秘解消のためには、朝起きた時の青汁がおすすめです。
目覚めたばかりの腸を刺激して食物繊維が腸内環境を整えてくれます。
ただし、朝飲んでみて解消されないがんこちゃんには、夜にも青汁を飲むことをオススメします。私も相当がんこなタチですが、夜2包、朝1包の青汁で効果実感しました。ぜひお試しください。


●ダイエットなら食事前
ダイエットしたい方は、食事の前に1杯。
豊富な食物繊維が血糖値の急激な上昇を抑える効果が期待できます。さらに、食事の前に飲むと満腹感も増して、食べ過ぎの予防にも。つい炭水化物を多く摂りすぎてしまう方はぜひ。


●コレステロール対策には豆乳わり
コレステロールを抑制するためなら、水の代わりに豆乳で割って飲むのがおすすめ。
豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすといわれています。
さらに!大麦若葉に含まれる大麦β–グルカンには、血中のコレステロールを抑える働きがあるので、青汁と豆乳を合わせれば、コレステロール対策バッチリ。飲みやすさもアップして一石二鳥!



飲むだけ簡単リセット法で、一刻も早くスッキリボディを取り戻しましょう♪



Comments are closed.